fumi’s notebook

多趣味なITエンジニアの備忘録(ロードバイク、自動車、自作PC等のカスタマイズ。たまにIT資格関連。)

紅葉見納めライド&安全への投資 Garmin Varia RTL510



f:id:furanko39:20191201174126j:plain

黄葉がきれいでした

ぼちぼち紅葉も見納めと思われるので、少し外を走って来ました。山の中はもう寒くて寒くて、冬用ジャケット&タイツにヘッドキャップ&ネックウォーマーの装備で臨みましたよ。

 

 さて、本日は最近ロードバイクに取り付けたパーツの中で、満足度が非常に高かったものを紹介します。名前は、「Garmin Varia RTL510 リアビューレーダー」です。

f:id:furanko39:20191201213451j:image

  機能を簡単に説明すると、後方から迫る自動車やバイクを検知して、GarminサイクルコンピュータであるEdgeシリーズ(私はEdge 520Jを使用中)に音と簡易的な図で大体の車間距離をサイクリストに知らせてくれます。

  また、ドライバーに対するアピールにも一役買ってくれており、車両が自転車に近づくにつれて、LEDの点滅パターンを変えて注意喚起してくれます。

 試しに安全な場所で動画を取ってみたので参考にどうぞ。2パターンあります。

パターン1:どの程度の距離から自動車を検知出来るのか試してみた 


Garmin Varia RTL510 リアビューレーダーを試してみた Vol.1

パターン2:自動車を検知した際に、どの様な発光パターンになるのか試してみた


Garmin Varia RTL510 リアビューレーダーを試してみた Vol.2

 動画中の心拍数が高めなのはご愛敬で😅

 

 取り付けは、シートポストにゴムバンドで、ガーミン使いにはお馴染みのガーミンマウントを固定する形で使用します。

 私のバイクはエアロシートポストですが、丸型のシートポストだけでなく、エアロシートポストに合うようなブラケットも標準で付いてくるので安心です。

 これを使い始めてから1年弱になりますが、後ろから迫るクルマに予め身構えることが出来るのが、一番大きなメリットかなと思います。

 私の場合、「ピロッ♪」っと検知すると、少し路肩に寄ったり、あえて後ろを気にしている仕草を見せて、こちらがクルマに気付いていることをドライバーにアピールする様にしています。

 そうすると、ドライバーも気を使ってくれるのか、車間を空けて安全に追い抜かしてくれることが多くなりました。交通安全はお互いのコミュニケーションで守られる場面が多いと感じていますので、これは私にとっては最高の買い物だったと思っています。

 これからもこいつと一緒に安全なライドを楽しみたいと思います。

 

よろしければ1ポチお願いします!


ロードバイクランキング