fumi’s notebook

田舎ITエンジニアの備忘録(ロードバイク、自動車、自作PCのカスタマイズなど。時々IT関連。)

Zwift君とAlexaさんの相性は抜群だった

この度、Zwift環境にAmazonのecho dotをお迎えしましたのでご報告します。

f:id:furanko39:20191230140303j:plain

非常にコンパクト

うちのZwift環境は過去記事に上げた以下の様な感じです。

 

www.fuminote.work

購入したのは以下の2つの商品です。

 

さて、何を目的に導入したかといいますと、今まで扇風機のスイッチを入れるために、

 

ビンディング外す

→ローラー降りる

→工場扇のスイッチON

→ローラー乗る

ビンディングはめる

 

…の工程を経ていたのですが、Alexaを導入することで、

 

→Alexa、扇風機つけて!

 

…だけで、扇風機のスイッチを入れることが出来るのでは?と思ったことがきっかけです。

 

そもそも、ローラーに乗る前から電源ONしておけばいいのです。

しかし、夏場はそれで良かったんですが、冬場のガレージはかなり寒く、乗る前から強力な工場扇をつけておくのは辛すぎたのです。。風が強すぎて体が全然温まらない。。

 

あと、扇風機をつけたくなったタイミングがワークアウト中だったりすると、中断によるペダリングをしていない時間のせいで、評価を表す☆が半分になったりして、プチがっかりしていました。

 

この負の連鎖を 断ち切るために立ち上がったのです。

 

さて、セッティングですが、まず購入したのはタイトルにもある、「Echo Dot (エコードット)第3世代 スマートスピーカー」です。これに加え、Merossという会社のスマートコンセントを購入しました。スマートプラグとも呼ばれる、Wifiを介して電源回路のON/OFFをやってくれるシロモノです。

 

このスマートプラグとAlexaと連携して工場扇のON/OFFを実現させました。

 

物理的な結線の状態は以下の通りです。

f:id:furanko39:20191230143309j:plain

電源タップと電源ケーブルの間に挟まってるやつです

スマートプラグをコンセントの差込口と電源ケーブルの間に挟みます。そして、工場扇のスイッチは、お好みの風量のボタンを押した状態としておきます。
→工場扇の種類によってはダメかもしれないので要確認です。電源ケーブルの接続状態によらず、スイッチが押されっぱなしになるタイプじゃないと、プラグタイプはNGです。

f:id:furanko39:20191230143442j:plain

工場扇側のスイッチは入れておく

物理結線はこれだけです。

echo dotの設定や、スマートスイッチの設定は、説明書に書いてある通りやれば出来ました(雑)。

 

ただ、環境によっては、echo dotがwifiを正常に認識できずに困ってしまう事態に遭遇するようです。そんな時は、PCからAmazonバイスを設定する画面がAmazon本家のサイトに準備されているので、そちらから設定を行うと上手くいくようなので、ハマった人は参考にされて下さい。

 amazon alexa 
  https://alexa.amazon.co.jp/

 「ログイン」→「設定」→「〇〇さんのEcho Dot」を選択すると、Wi-Fiの情報を更新出来ます


では、動作確認いきます。

 

 私:「Alexa!扇風機つけて!」
    →ちょっと恥ずかしい

 

 スマートプラグ:「カチ」

   →スイッチが入った音(機械音)

 

 Alexa:「ハイ!」

   →Alexaドヤ顔。LEDライトを光らせながら返事。

 

 扇風機:勢いよく回りだす!

 

素晴らしい!うまく行きました!

扇風機を止めるときは、「Alexa、扇風機止めて!」で止まります。これは便利だ。。

 

もし同じようなお悩みを抱えている方がいらっしゃったら、Echo dot+スマートプラグ、お勧めです!

f:id:furanko39:20191230160138j:plain

ローラー専用扇風機、完成

よろしければ1ポチお願いします


ロードバイクランキング