fumi’s notebook

田舎ITエンジニアの備忘録(ロードバイク、自動車、自作PCのカスタマイズなど。時々IT関連。)

Raspberry Pi 4で自宅用NASを作ってみる

「ラズパイ」や「openmediavault」の検索ワードで当ブログが引っ掛かっている様なので、書きかけで塩漬けしていたラズパイ記事を慌てて上げます😅

~~ 

ラズパイ4と容量大き目のHDDが手に入ったので、お手軽な自宅NASを作成してみることにしました。
掛かった値段は4TBで2万円弱なので、家庭用NASとして売られている商品を買うよりはお安く出来ます。(その分手間は掛かりますが)

 

以下にざっくりとした手順を残しておきますので、興味がある方はお試しあれ。 

→本手順以外にも、ホスト名やNTPの設定等、やることはいくつかありますが、最低限NASとして使えるようになるまでをご紹介しています

 

 

1.使用したパーツ

Raspberry Pi 4 Model B メモリ4GBモデル

 CPU1.5GHzクアッドコア、メモリ4GB、USB3.0、ギガビットイーサ対応のモデル。一昔前のノートPC並みのスペックですね。

・ファン付きラズパイケース

    実はファン無しのケースも買ったのですが、温度上昇が激しく、慌ててファン付きの物を買いました。ファン付きに変えた後は、40℃前後で推移している様です。変える前は70℃を超えていたので、かなり効果がありました。

・IO DATA HDCZ-UTL4KB 4TB外付けHDD

    4TBの外付けHDD。TVに繋いで録画する方が大勢を占めると思われます。

実物はこんな感じです。 

f:id:furanko39:20200113211340p:plain

ケースに収まったラズパイ4とIODATAの外付HDD


2.HDDの準備 中身の確認

 

まずはデータを保存するHDDの準備をしていきます。
購入したのはIO DATAの4TB外付けHDD、HDCZ-UTL4KB。価格.comでは常に上位にいる製品です。

 では開封

f:id:furanko39:20200113214548p:plain

中身は本体、ケーブル類、マニュアル。シンプル。

筐体はコンパクトで好感が持てます。

段差が昔のPS3を思い出す。。


次に、HDDの素性調べてみます。私が普段使用しているソフトは、「CrystalDiskInfo」です。

f:id:furanko39:20200113215024p:plain

中身はWestern Digital製のディスクでした。よし、SMR(瓦)方式じゃないぞ!


中身はWestern Digital製のHDD、WD40EZRZ-RT2(WD40EZRZ-22GXCB0)でした。
値段の割に評価の高いHDDが使われており、いい感じの滑り出しです。

出荷状態のファイルシステムNTFSでした。

今回OSとして使用する「openmediavault」は、標準ではNTFSに対応していないらしく、追加のドライバを入れることで読み書き可能となる模様。

なので、フォーマットはこのままで行きます。

長々書きましたが、結局HDDは開封して電源入れただけですね😅

 

3.ラズパイ用OS「openmediavault」の準備


今回ラズパイのOSとして使用するのは、既に記載している「openmediavault」というDebian Linuxカーネルをベースにしたものです。

Webの管理画面がデフォルトで準備されているため、GUIベースで扱うことが出来ます。HDDの追加なんかも簡単です。
Linuxを扱いなれている人であれば、SSH等で接続してコマンドベースで管理出来るので、色々と手っ取り早いし自分好みにカスタマイズも出来ちゃいます。

 

インストールイメージは、公式ページより以下の様にリンクを辿り、ダウンロードしました。

 OpenMediaVault公式ページ
 https://www.openmediavault.org/
 →Download
 →Raspberry Pi images
 →OMV_4_Raspberry_Pi_2_3_3Plus_4.img.xz

 

4.SDカードへのOSインストール

OSイメージをダウンロード出来たら、SDカードに書き込みます。

使用したソフトはEtcher(https://www.balena.io/etcher/)というソフトです。

f:id:furanko39:20200116210912p:plain

左側にOMVイメージ、真ん中に書き込むSDカード、右側のFlash!で書き込み

f:id:furanko39:20200116211118p:plain

書き込み中はこんな感じです

完了したら早速ラズパイに差しましょう!

 

5.いざ接続!

では接続していきましょう。まずはSDカードをラズパイ裏面に挿し込みます。f:id:furanko39:20200119005829j:image

 

外付けHDDはUSB3.0を示す青いポートに挿しましょう。

USB2.0のポートに接続されているのは無線キーボードのアダプタです。セットアップ時のみ繋ぎます。

f:id:furanko39:20200119005929j:image

 

あと、ラズパイは、USB給電になります。起動ボタンは無く、USBケーブルを挿し込んだら即起動が始まりますのでご注意下さい。

 

初回のログインでrootのパスワードを変更する必要があるので、HDMIケーブル(ラズパイ側はmicro HDMI)も繋いでおきます。画像は繋ぐ前。

 

6.OMVセッティング

IPアドレス確認

起動したら、以下の様なコンソールが表示されます。
赤枠で囲んだ箇所にIPアドレス(デフォルトはDHCP)が表示されていますので、これをブラウザに入力すると、Webの管理画面が表示されます。

f:id:furanko39:20200116224130p:plain

画面の写真です。。

なお、IPアドレスはWeb管理画面から変更出来ますので簡単です。NASとして使用するのであれば、IPは固定した方が便利なので、公開する前に固定するとよいかと思います。

 

②WEB管理コンソールに接続

ブラウザに、「http://[表示されたIPアドレス]」を入力すると、以下の様な画面が表示され、デフォルト状態では、ユーザ:admin、パスワード:openmediavaultでログイン出来ます。

f:id:furanko39:20200116224830p:plain

言語は「日本語」を選択しました
③ディスクマウント

ログイン出来たら、ディスクが認識出来ているか見てみましょう。左のツリーから「ストレージ」の中の「ディスク」を選択します。

f:id:furanko39:20200116224927p:plain

無事HDCZ-UTが認識されてます

無事認識されていることを確認出来たら、早速マウントしてみましょう。

「ストレージ」内の「ファイルシステム」を選択します。

こちらでもしっかりNTFSで認識されてますね。。あれ?標準でNTFS対応してたっけ??

f:id:furanko39:20200116225242p:plain

NTFSで認識されてます。あれ?標準では対応してないのでは?

どうもNTFS対応してるっぽいのでこのまま行きます(雑)
選択の順序は画像の番号を参照して下さい。

f:id:furanko39:20200116225718p:plain

OMVは、設定を変えると「適用」ボタンを押さないと反映されません
④共有フォルダの作成

マウントが完了したら、次は共有フォルダを作成します。

「アクセス権の管理」内の「共有フォルダ」を選択し、「追加」ボタンをクリックします。

f:id:furanko39:20200118220640p:plain

作成したい共有フォルダを準備

表示されたダイアログで、共有フォルダの名前、共有フォルダを格納するデバイス(先ほど追加した外付けHDD)、デバイス上でのフォルダ名称、パーミッションとして、誰が読み書き出来るかをそれぞれ入力します。

入力が完了したら、「保存」→「適用」と進んでください。

 

⑤SMB/CIFSサービスの有効化 、共有フォルダの公開

SMB/CIFSサービスを有効にします。左側のメニューの「サービス」、「SMB/CIFS」を選択し、画像赤枠で囲んだ個所を有効にします。保存ボタン押すのも忘れずに。

f:id:furanko39:20200116234436p:plain

有効を選択する

 次は先ほど作成した共有フォルダを公開する作業です。おとなりの「共有」タブを選択し、「追加」ボタンをクリックします。

作成した共有フォルダを「共有フォルダ」欄で選択し、ゲストにアクセスを許可するのかを選択します。

「ゲストのみ」にすると、誰でも認証なしにアクセス出来てしまいますのでご用心。

f:id:furanko39:20200118221759p:plain

 

⑥共有フォルダのアクセス確認

ここまで来れば、他のPCからアクセス出来ます!

エクスプローラで「IPアドレス共有フォルダ名」を入力すると、以下のように表示されるはずです。

f:id:furanko39:20200119011754p:plain

 

以上がざっくりとした手順になります。

参考になれば幸いです!

 

よろしければ1ポチお願いします


自作PCランキング