fumi’s notebook

多趣味なITエンジニアの備忘録(ロードバイク、自動車、自作PC等のカスタマイズ。たまにIT資格関連。)

【備忘録】CentOS7の最小構成で最低限やること

技術調査目的で最小構成のCentOSを上げた場合に、個人的に最低限やってる内容をここに残しておこう。

f:id:furanko39:20200513172213p:plain

・今回使用したバージョンはCentOS 7.8(2003)。

・ホスト名やアドレス、コネクション名等は環境に合わせて変更が必要。
 →[ ]で囲まれた箇所

1.仮想マシンの定義

 CPU:1vCPU
 メモリ:2GB
 HDD:10GB

 ちなみによく使用するハイパーバイザはVMware ESXi 6.7

2.OSインストール時指定:

 デフォルトが最小構成なので、特になし(rootパスワードくらい)

3.インストール後初期設定:

 ホスト名設定

  #nmcli g hostname [node1.localhost]

 ホスト名確認

  #nmcli g hostname

 ネットワーク設定

  #nmcli c m [ens192] ipv4.method manual ipv4.address [192.168.11.10/24] ipv4.gateway [192.168.11.1]

  #nmcli c u [ens192]

 ネットワーク設定確認

  #nmcli c show [ens192]

 DNSサーバ設定

  #nmcli c m [ens192] ipv4.ignore-auto-dns yes
  #nmcli c m ens192 ipv4.dns [192.168.11.1]
  #systemctl restart NetworkManager

 DNSサーバ設定確認

  #cat /etc/resolv.conf
  →意図したDNSサーバが設定されているか確認

 パッケージ最新化

  #yum -y update

 ネットワーク関連のツール導入

  #yum install -y net-tools bind-utils

 wget導入

  #yum install -y wget

 bashのコマンド補完機能強化

  #yum install -y bash-completion
  #wget https://github.com/terralinux/systemd/raw/master/src/systemctl-bash-completion.sh -O /etc/bash_completion.d/systemctl-bash-completion.sh
  →一旦ログオフ/ログインで有効になる